1. HOME
  2. 観光/イベント
  3. 江戸時代にタイムスリップ 豊橋市の東海道二川宿本陣
観光/イベント

江戸時代にタイムスリップ 豊橋市の東海道二川宿本陣

 豊橋市二川地区は、江戸時代の街道、東海道の宿場町の面影を残しています。
 地元の人から「旧道」と呼ばれる旧東海道は、JR二川駅北口から東にかけた約1・5㌔。大名が宿泊した「本陣」、庶民の宿「旅籠(はたご)」、「商家」と宿場町の典型的な建物が現存し、この三つが観賞できるのは、国内の宿場町でも二川宿だけです。

東海道の面影を残す「旧道」=豊橋市二川町で

 東西に延びた街道の真ん中ほどに二川宿本陣、本陣資料館、旅籠「清明屋」があります。
 12月13日に行われる二川地区を自由に歩く「ブラアイチinとよはし【二川】」のコースにもなっています。

 二川宿本陣は1807年から明治時代の1870年の本陣廃止まで、本陣職を務めた馬場家の建物でした。
 1991(平成3)年、この本陣を保存活用し、見学できる資料館として二川宿本陣資料館が開館しました。本陣内では、土・日曜、祝日に抹茶も味わえます。一服300円(菓子付き)。
 資料館内では、江戸時代の街道や宿場、本陣、大名行列などについて知ることができます。2階は、浮世絵刷りなどの体験コーナーが設けられています。


 2005年には、本陣東の旅籠「清明屋」も見ることができるようになりました。主屋、つなぎの間、裏座敷で構成の旅籠屋建築の様式をよく残し、間取図の残る江戸末期の姿に復元されています。


二川宿本陣資料館
公式HP:https://futagawa-honjin.jp
住所:豊橋市二川町中町65
電話:0532-41-8580
開館時間:午前9時~午後5時
入館料:小・中学生、高校生100円、一般・大学生400円(豊橋市内在住の70歳以上は100円)。未就学児無料
休館日:月曜(祝日、または振替休日の場合、その翌平日)と12月29日~1月1日
交通アクセス:JR東海道本線二川駅北口から東へ1㌔
駐車場:無料