1. HOME
  2. 旅としなもの
  3. 四つ葉出現率7割以上!? GWにクローバーの摘み取りできる渥美半島のスポットを紹介
旅としなもの
伊良湖発祥しあわせクローバー

四つ葉出現率7割以上!? GWにクローバーの摘み取りできる渥美半島のスポットを紹介

旅としなもの

 愛知県東部の渥美半島には四つ葉以上が高確率で生えるクローバーがある。田原市内では無料で摘み取りができたり、四つ葉のクローバーをのせたスイーツも登場。ゴールデンウイーク(GW)は、幸せを掴みに渥美半島へ足を運んでみてはいかが?

スポンサーリンク

クローバーの摘み取りができるのは恋路ヶ浜

 四つ葉の出現確率は0.01%と非常に低いと言われているが、2009年に田原市内では高確率で四つ葉以上が生える株が採取された。株分けされ、「伊良湖発祥しあわせクローバー®」として、観光資源や化粧品の原材料にもなっている。

四つ葉クローバー復活
 摘み取りができるのは半島の先端にある伊良湖岬・恋路ヶ浜近くの駐車場脇。「幸せの四つ葉のクローバー発祥の地」と名付けられた花壇は、観光業に携わる地元住人が整備、管理している。誰でも無料で摘み取ることができ、人気の観光スポットになっている。関係者によると、「今年は6月ごろまで摘み取りができそう」とのこと。

 葉の枚数により花言葉が異なるクローバー(シロツメクサ)。四つ葉には「幸運」、五つ葉は「財運」、六つ葉は「地位」「名声」、七つ葉は「無限の幸福」など、普段なかなか見ることのできない数の葉のクローバー探しも楽しんでみて。

恋路ヶ浜
 恋路ヶ浜は「恋人の聖地」に認定されている場所。クローバーの花壇には「想い石」と呼ばれる四つ葉の形をした石が置かれている。願いを念じながら約11㌔の想い石を持ち上げ、思ったより軽く感じたら願いが叶う日も近いかも?と言われている。

【関連記事】
・待望の伊良湖温泉が4月に誕生 渥美半島観光の魅力がアップ マジックアワーがおすすめ

しあわせの鍵プレミアム四つ葉と灯台バージョンが28日から、88個限定で販売

 発祥の地の周囲は、「願いのかなう鍵」として木製プレート付きの鍵(真ちゅう製)が掛けられる。田原市独自に設定された「四つ葉の日」の4月28日からは、伊良湖岬観光協議会が「しあわせの鍵Premium-四つ葉と灯台バージョン」を限定で販売している。
 通常販売の鍵より大きく、プレートも最長部が通常版より4㌢長い10㌢。プレートは好評のクローバーの形を継承し、「伊良湖と言えば灯台」というイメージから伊良湖岬灯台が描かれている。
 縁起の良い末広がりにちなんで限定88個を販売し、価格は1個1880円(税込み)。伊良湖岬・恋路ケ浜などの飲食店、宿泊施設で買える。

 鍵を掛ける場所は2002年4月、沖縄県石垣島から流したヤシの実が念願の田原市(旧渥美町)の海岸に初めて流れ着いたことで設けられた。まさに「願いがかなう」所となっている。

伊良湖地区の店舗で「しあわせおすそわけキャンペーン」

 発祥の地のほか、伊良湖地区の伊良湖岬協議会加盟の19店舗で5月8日まで、クローバーの摘み取りを無料体験できる「しあわせおすそわけキャンペーン」が実施されている。コロナ禍で見合わせていたため、3年ぶりの実施となった。

店頭に置かれているクローバーのイメージ

5月8日までは田原駅周辺でも摘み取り

 「四つ葉の日」に合わせ、田原市の玄関口、渥美線三河田原駅周辺の田原町や東赤石にある商店と道の駅「田原めっくんはうす」の15店舗では、四つ葉関連のスタンプラリーを開催中。期間は4月23日〜5月8日。参加店舗でも「しあわせクローバー®」の摘み取りができるので、恋路ヶ浜まで足を運ぶ時間のない人は、こちらもおすすめ。

 スタンプラリーは期間中、買い物してスタンプを4個集めて応募すると、抽選で関連グッズなどが当たる。同じ店舗の重複可。

イベント限定の四つ葉グッズも登場

 参加店舗では、「四つ葉」「幸せ」などをキーワードにした商品も用意。本物のクローバーをのせたプチシュークリームや大福、四つ葉形のクッキー、四つ葉を押し花にしたシールなども並ぶ。応募券付きのチラシを持参すれば、特典が受けられる店も。チラシは参加店舗、道の駅や公共施設に置かれているので、ぜひチェックを!

プチシューは4月に発売されたばかり

 プチシュークリーム「幸せころりんプチシュー」は4月から、田原市東赤石5、道の駅「田原めっくんはうす」内の「焼きたてパン工房Ⅽhoeiken」で発売されたばかり。1パックに12個のプチシューが入り、うち4個に朝摘んだ四つ葉などがついている。
 渥美半島産の卵や牛乳を材料に、手作りの皮の中にカスタードクリームがあふれ出そうなほどたっぷり入っている。1パック500円(税込み)。クローバーの葉っぱの供給状況によるが、6月ごろまでの販売を予定している。

四つ葉のクローバーが生える株の販売も

 クローバーの株は買うこともできる。場所は、田原駅前にある複合施設「ララグラン」内にある花屋「フラワーショップ林」と赤羽根町の「道の駅あかばねロコステーション」。偽物も出回っていると言われており、この2カ所のどちらかで買うのがベター。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

休耕地ハッピープロジェクト
ニュースリリース