1. HOME
  2. 渥美半島はメロンの季節へ。すぐに食べられるイエローキング。夏の味覚が充実の豊橋・大崎農園直売所が開店

渥美半島はメロンの季節へ。すぐに食べられるイエローキング。夏の味覚が充実の豊橋・大崎農園直売所が開店

 渥美半島にメロンの季節がやってきました。愛知県内一のメロンの産地・田原市では、黄色の皮の露地メロン「イエローキング」の出荷が最盛期を迎えています。渥美半島の入口にあたる豊橋市大崎町の国道259号沿いには今年も、メロンやスイカなど夏の味覚を販売する大崎農園の直売所がオープンしました。

スポンサーリンク

買ったその日に食べられるイエローキング

 田原市の露地メロンの主力、イエローキングは糖度が14度以上で甘さがある一方、さっぱりとした後味。追熟の必要がなく、購入したその日に食べられるのが特徴です。2、3時間程度冷やして味わうのがおすすめです。


 
 みずみずしいメロンを食卓に届けようと、栽培農家は日の出とともに、畑へ繰り出し、収穫作業をしています。ビニールを掛けたトンネルの下に実ったメロンを手際よく採り、軽トラックで作業場に運搬。洗浄し、箱詰めをして出荷しています。
 田原市では、JA愛知みなみ田原露地メロン部会があり、59人の農家で組織しています。イエローキングは主に中京、関西、近年は関東にも出荷しています。

 
 
 天候に恵まれ、今年の出来栄えは味、色とも抜群とのことです。田原市内に訪れた際には、JA愛知みなみの直売所や市芦ケ池農業公園「サンテパルクたはら」、田原めっくんはうすなどの道の駅で購入できます。

豊橋・大崎農園の直売所

 豊橋市大崎町、国道23号バイパス大崎インターチェンジ近くの国道259号沿いに大崎農園の直売所が今シーズンも、オープンしています。メロンやスイカなど夏を代表する果物、旬の野菜を販売しています。
 店頭には、マスクメロンをはじめ、イエローキングやプリンスメロンなどのウリ系メロン、ネット系のタカミメロン、スイカなどが並んでいます。マスクメロンは品ぞろえが豊富で、1玉2000円(税込み)~です。スイカが1玉1200円(同)~となっています。

店内にずらりと並ぶマスクメロン=大崎農園の直売場で

 その場でスイカやメロンをカットし、来店客に振る舞うおなじみの試食会は今年も、新型コロナウイルス禍で個別のパックに入れて対応しています。
 今季は寒い冬でしたが、5月に入って収穫前の時期に気温が高くなり、果実の玉伸びが良いです。その上、朝晩の温度差があったので、糖度も高いそうです。

 野菜は、トウモロコシやタマネギ、トマト、ナス、キュウリなどが季節の品があり、安価で販売されています。
 豊橋市内から訪れた常連客は「おいしくて買いやすい値段。野菜もいろいろあるので、毎年買いに来ています」と話していました。

7月中旬、ヒマワリが咲く直売所周辺

 直売所周辺は7月中旬ごろ、ヒマワリが咲きます。景観づくりとして、大崎農園と地元の市立大崎小学校児童有志が種をまきました。昨年、ヒマワリ畑で写真を撮る多くの人の姿が見られました。

直売所の近くに咲いたヒマワリ。昨年の様子=豊橋市大崎町で

【関連記事】
待望の伊良湖温泉が4月に誕生 渥美半島観光の魅力がアップ マジックアワーがおすすめ
ブルーベリー狩りシーズン到来! 渥美半島の観光農園「IRAGOブルーベリー」が今シーズンの営業スタート

大崎農園
年末まで無休。
営業時間:午前9時~午後6時
電話:0532(25)3242 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

休耕地ハッピープロジェクト