1. HOME
  2. 農業と食
  3. 渥美半島菊花大会が8日までサンテパルクで開催、 華やかで大輪の花が深まる秋を演出
農業と食
渥美半島菊花大会

渥美半島菊花大会が8日までサンテパルクで開催、 華やかで大輪の花が深まる秋を演出

農業と食

 渥美半島菊花大会(実行委員会主催)が、愛知県田原市芦ケ池農業公園「サンテパルクたはら」で開かれています。華やかな大輪の花など、さまざまな菊が並び、深まる秋を彩っています。入場無料で、8日まで。鑑賞に出掛けてみてはいかがでしょうか。

会場に展示されている大菊大輪三本仕立。手前は内閣総理大臣賞に選ばれた菊です


スポンサーリンク

渥美半島特産の菊。秋は電照菊の夜景もきれい

 渥美半島は、輪菊の生産が日本一です。花のまち、田原を代表する花きです。菊に照明をあてて、生育を調整する「電照菊」の栽培が行われています。夜間の電照菊の幻想的な光景は、観光資源の一つで、年末の需要期に向けた秋は、一段ときれいな季節になります。
 この特産の菊をPRするため、菊花大会が開かれ、今年で32回目を迎えました。

会場の出入口に飾られ、来場者を迎えている菊の展示

多彩な菊を楽しめる菊花大会

 渥美菊友会や田原菊友会、東三菊友会の会員や愛好者、田原市内の保育園、小学校などが出品し、審査日の11月1日に合わせて丹精込めて育てられた731鉢が飾られています。
 華やかな大輪の花を咲かせた「大菊三本立て」をはじめ、丈の低い「福助」や「ダルマ」、小菊などが並んでいます。今年は、品種、仕立てなどが自由な創作部門が設けられ、初開催の大輪菊を栽培する講座の受講者も出品しています。白、黄、紫色など色鮮やかな菊の花が、迎えてくれます。

菊花大会の会場の様子。手前は園児や小学生が育てた菊

内閣総理大臣賞が決まる

 今年の菊栽培について、実行委員会の鬼頭温文委員長は「8月の長雨、10月上旬の気温高の影響で、皆さん、栽培に苦労した思います」と話しています。
 審査の結果、最高位の内閣総理大臣賞には吉田和子さんの大菊大輪三本仕立(三鉢組の部)が選ばれました。表彰式は最終日の8日、会場で開かれます。

【関連記事】
日本一の産地・田原市から全国へ届ける花の定期便「タハナ」、好評で追加販売へ
カラフルに輪菊を染めてオンリーワン商品に、田原市の花農家がカラーリングマムの商品化を目指す

会期中はイベントも

 会期中は催しもあります。3日までは生け花展があったほか、7日午後1時半には田原市吹奏楽団などの演奏会が開催されます。農業支援企業のイノチオグループによる新品種の販売も、行われています。

■サンテパルクたはら
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:木曜定休(祝日の場合は翌日)
住所:愛知県田原市野田町芦ヶ池8
電話:0531-25-1234

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

休耕地ハッピープロジェクト
ニュースリリース