1. HOME
  2. 20日からアムール・デュ・ショコラ 田原産のイチゴを使ったゴディバのチョコが登場  マーコの「しあわせのいちご」
アムール・デュ・ショコラで並ぶ田原市産いちごを使ったゴディバのチョコレート

20日からアムール・デュ・ショコラ 田原産のイチゴを使ったゴディバのチョコが登場  マーコの「しあわせのいちご」

 名古屋市のジェイアール名古屋タカシマヤで1月20日、チョコレートの人気イベント「2022アムール・デュ・ショコラ」が始まります。今年は、ベルギーの高級チョコレート「ゴディバ」から農業王国・田原のイチゴを使った商品が販売されます。気になるこの商品を紹介します。

イチゴ × シャンパンで生まれた自信作

 ゴディバが売り出すのは「ときめく心ピンクグラデーショントリュフ」(4個入り、税込み2700円)です。シャンパン(ロゼ)をふんだんに使い、田原市内の農産物生産会社マーコが栽培しているイチゴ「いちごのしあわせ」(紅ほっぺ)と合わせました。
 先日、ゴディバジャパンのフランス人パティシエ、ヤニック・シュヴォローさんが、産地の田原を訪れました。「爽やかさ、まろやかさがあるイチゴにチョコレートが加わって、良い味になります。素晴らしいイチゴを使っているので、おいしい商品にしかなりません。自信を持っています」と説明してくれました。
 ヤニックさんは、シャンパンに合うイチゴを探していたそうで、それが「いちごのしあわせ」でした。

甘みと酸味が絶妙な「いちごのしあわせ」

 このイチゴを作っているマーコの青山智行社長は「甘みと酸味のバランスがいい『いちごのしあわせ』。今季は特においしさにこだわって、もう1回買いたい、食べたいイチゴを目指して栽培しています」と話していました。

いちごのしあわせ

田原市役所に山下政良市長㊥を表敬訪問したヤニックさん㊨。左は青山さん

アムール・デュ・ショコラ 東海地域の盛り上げに

 アムール・デュ・ショコラでは、地域の素材を使ったチョコレートの販売も積極的に展開しています。
 ジェイアール東海髙島屋販売促進部の犬飼奈津子さんは「髙島屋も地域に貢献したいと考えていて、アムール・デュ・ショコラを通じ東海地区を盛り上げられたら」と話しています。

 今年で22回目を迎えるアムール・デュ・ショコラ。1日に1億売れる売上32億円(2020年)の催事に成長しています。2月14日まで開催され、国内外の150のブランドが集まります。

 

コロナ禍 感染対策を実施して開催

 会場は例年、チョコレートを買い求める人たちの行列ができますが、コロナ禍のため感染対策が実施されます。開店時の日時指定入場券(無料)の事前予約(メイン会場)などによる入場制限や、オンライン販売(29日まで)の強化などで混雑を緩和します。

 

スポンサーリンク

休耕地ハッピープロジェクト