1. HOME
  2. 暮らしとひと
  3. 今年度の高校生と創る演劇が始動。プラットで演劇を一から制作
暮らしとひと

今年度の高校生と創る演劇が始動。プラットで演劇を一から制作

暮らしとひと

 高校生がプロの演出家らと共に舞台を作る「高校生と創る演劇」のワークショップが8月16日から4日間、愛知県豊橋市の穂の国とよはし芸術劇場プラットで行われた。本格的な稽古が始まる前に、高校生キャストらが一から舞台を作る過程を通じて、演劇の楽しさや自由に芝居をする感覚を養った。

スポンサーリンク

 高校生と創る演劇は豊橋市の穂の国とよはし芸術劇場プラットが行う事業。地域の舞台芸術の活性化や人材育成に寄与することを目的に、2014年から実施している。今年度のタイトルは「せんをかく」。脚本に非・売れ線系ビーナス主宰で劇作家の田坂哲郎氏、演出には川口智子氏を迎える。

 5月にオーディションを行い、東三河や名古屋市、岡崎市と愛知県内の高校生11人が選ばれた。公演は8人の高校生スタッフも支える。

 ワークショップは4日間で一つの芝居を作った。あえて台本を読む時間と場所に制約をもうけたり、毎日芝居のやり方を変えたりするなど、過程をなるべく「過多」にすることで、自由に芝居を作る感覚を学んでいく。

高校生と創る演劇

 初日は、日常の中から面白さを探す感覚を養うためにまち歩き。それぞれがクジで引いた「アリの通り道」「巨人の足跡」といったキーワードをもとに無言で足を進めた。その後、まち歩きで得たイメージを地図に落とし込んだ。

高校生と創る演劇

 取材した17日には、木製のステージを豊橋に見立て、箱馬や平台に自分たちが書いた絵を貼り付けたり、小道具を手作りしたりして、空間を作り上げた。キャスト陣はそのステージで、人形を手に、覚えたての台本に沿って演技を披露。「おままごとではなく、人形に演技させて」などと川口さんに言われると、高校生たちは試行錯誤しながら人形との演技を続けた。

高校生と創る演劇

 今後、ボイストレーニングや自主練習を経て、本格的な稽古は9月下旬から始まる。

 公演日程 

2022年11月05日 (土)13:00開演/18:00開演
2022年11月06日 (日)13:00開演/17:00開演
※開場は開演の30分前(予定)

 料金 

日時指定・全席自由・整理番号付・税込
前売販売:2022年10月01日 より
一般:2,000円
U25:1,000円
高校生以下:500円
※U25(25歳以下)・高校生以下は、本人のみ。プラットチケットセンターにて取扱い。入場時本人確認書類提示。

 チケット発売日 

一般 : 2022年10月01日 ~
会員先行予約 : 2022年09月24日〜

 

スポンサーリンク

休耕地ハッピープロジェクト
ニュースリリース